食べたいものを食べるダイエット

| コメント(0) | トラックバック(0)

気のせいかもしれませんが、インターネットのニュースサイトに掲載される記事でダイエットの話題をよく見かけるようになりました。夏に向けて痩せたいって思っている人が多いからでしょうか。それらの多くは「○○を食べると痩せる」とか「糖質を制限すればいい」とかいろいろありますが、それらをチラ見するたびに残念な気持ちになります。だって、何かを制限したり、特定の何かを食べ続けるって、そもそも異常な状態だから。もっとも太ってきた過程そのものが異常だから、異常なことをして痩せないといけないと思っているのかもしれませんね。

僕はダイエットの専門家でも栄養学の専門家でも体の専門家でもありませんが、今から15年ぐらい前に86kgあった体重を食べたいものを食べつつ3ヶ月かけて70kgまで落とした経験があります。しかも、比較的健康的に。その経験でわかったことがあります。

僕に言わせてみたら体重が増えたり減ったりする究極のポイントは、一日に必要なカロリー以上のものを食べているかどうかってこと。必要なカロリー以上のものを食べると太る可能性が増え、必要なカロリーに満たないものしか食べないと痩せる可能性が増える、ただそれだけの話しです。摂取カロリーから消費カロリー(基礎代謝+動いた分)を引いたものが、プラスなら太る可能性が高まる。マイナスなら太る可能性はないのですよ。以前、リンゴダイエットなんて流行りましたが、リンゴを必要以上のカロリー分だけ食べたら太る可能性は高まります。糖質制限も同じ。糖質を制限したって他のもので必要以上のカロリーを摂取したら同様に太る可能性は高まるんです。重要なのは何を食べるかじゃなく、どれだけ食べるのかなのです。プラスなら太り、マイナスなら痩せるってのは究極の真理だと思っています。

じゃぁ、どうやって摂取カロリーから消費カロリーを引いた値をマイナスにするか、そこがポイントです。

そのコツは、食べる量を意識するってこと。食べたいものを食べるんです。ただし量を半分にして。もちろん、おなかはすきます。そこは我慢が必要なんです。今まで我慢せずにゆるーく生きてきた結果が肥満です。我慢無しで痩せられるわけないじゃないですか。ただ、食べたいものも我慢し、おなかがすくのも我慢してなんて、そんな無理は続きません。だから、食べたいものは食べつつ、量を制限するんです。好きなものを食べられるんだったら我慢できませんか?

例えば、カツ丼。ダイエットの時にカツ丼を食べるなんて常識的にありえません。だけど、半分だけ食べて摂取カロリーをコントロール。カツ丼のチェーン店かつやの普通のカツ丼は約1000kcal。これを半分食べて半分残して500kcalにすれば良いのです。そうすればダイエット中でもカツ丼を食べられます。定食屋さんで晩ご飯を食べる人もいるでしょう。大戸屋の「チキンかあさん煮」は846kcal。これも半分食べて半分残せば423kcalですみます。朝、昼、晩と全ての食事を半分残しにするんです。

40才男性、体重80kgの基礎代謝は1750kcalぐらいでしょうか。朝にトースト1枚(180kcal)食べて、お昼にかつやでカツ丼半分(500kcal)、晩ご飯に大戸屋で「チキンかあさん煮」を食べて423kcal。しめて一日約1000kcalの摂取。これだけで基礎代謝との差の分だけ痩せていきます。また基礎代謝以上に通勤や運動で代謝が増えるので、動けば動くほど痩せる可能性は高まります。

先にも書きましたが、僕はこの方法で、食べたいものを食べつつ3ヶ月で16kgのダイエットに成功しました。このダイエットの良いところは、栄養のバランスも比較的取りやすいってこと。カツ丼のごはんだけ残して上のカツだけ食べたりすると脳に必要な栄養が不足したりします。カツも食べてごはんも食べる、ただし半分だけ。栄養のバランスを崩さないように食べれば体調を壊すこともありません。もっとも最初から栄養のバランスが崩れているものばかり食べてたらダメですが、比較的バランスがとれているような野菜多めの定食屋さんであれば、栄養面で問題になることはないんじゃないかな。

このダイエットの最大の問題は、もったいないってこと。半分食べて半分残す、めちゃくちゃ罪悪感があります。だから僕はこのダイエットをやっていた頃、基礎代謝の高い若い人と一緒に食事に行ってました。そして、若い人に半分食べてもらってました。さすがに食べ残しを食べてもらうのは申し訳ないので、若い人が半分ぐらい食べた頃に、手を付けていない自分の食事から半分、がさっと若い人のお皿に移しちゃうのです。もちろん許可をもらってから。これで罪悪感も薄まります。一緒に行けない時は、テイクアウトさせてもらって翌日食べるとかできる限りの工夫をしました。どうにもならない時は「ゴメンナサイ」とお店の方に伝えつつ残したことも時々ありました。本当にゴメンナサイ。

でも、これで痩せられました。

ちなみに、半分ってのがしんどいなって思ったら、四分の一だけ残すってのもありかもしれません。その場合、痩せるペースが半分のスピードになってしまいますが、その方が体への負担は少なそうなので、そっちの方が良いかもしれません。

ダイエット、究極いうとバランスの良い食事を適量食べる、これにつきるんですよね。必要なカロリーと摂取カロリーの差を常にゼロにする。これさえ守れば何を食べようとも太ることもないし痩せることもなくなるんです。我慢せずに欲望のまま暴飲暴食するのが一番ダメ。もっとも体重の増加を受入れられるなら暴飲暴食も結構だけど、ダイエットするのが前提であるならば、痩せるときに我慢が必要になるので、結局のところ食べる時に我慢するか痩せる時に我慢するかの違いだけなんですよね。

太ったり痩せたりってのは科学だと僕は思ってます。栄養のバランスを考えつつ、好きなものを食べて半分残し。これで摂取カロリーを消費カロリー以下に押さえて徐々に痩せていけばいいんじゃないかな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tsuchimoto.jp/mt5/mt-tb.cgi/99

コメントする

プロフィール
名前:土本康生
累計:
本日:
昨日:

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.17-ja
My visited countries

create your own map