勝て勝てカープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は少し愚痴っぽく...。

大学時代からの親友から東京ドームで開かれる広島vs巨人のチケットを譲り受けたので久しぶりに東京ドームで野球観戦。もらったチケットはエキサイトシートっていう、グランドレベルの特等席。打球が飛んでくる可能性があるのでヘルメットを被ってグローブをはめて観戦してくださいと指示があるぐらいの席でした。こういう席、迫力があっていいよね、チケットをくれた親友に感謝です。

しかし、試合結果は大瀬良投手の好投むなしく、1-0で敗戦。ホームラン一発で負けてしまいました。8回と9回の攻撃ではチャンスを作ったものの無得点。特に9回のチャンスは2アウト1,3塁という状況で代打に出てきたのが堂林選手。出てきたばかりの頃は輝いていた堂林選手も今となっては...、とはいえ最後まで声をからして応援したのですが、残念ながら(案の定?)三振で試合終了。結果を前提に議論をするありがちな野球ファンよろしく「なぜ、堂林なんだ?」と怒りつつ帰宅。きっと広島でテレビを見ながら応援しているカープファンも、「なぜ、そこで堂林?!」って思いつつ声援を送っていたことでしょう。ホント、良い試合だったけど勝てなくて残念な試合でした。

ちなみに、今日、滅多に見ないスポーツ新聞のウェブサイトを見てみると驚愕のデータを発見。

試合数勝数敗数引分勝率打率本塁打得点失点防御率
1DeNA3823150.605-.263281481413.34
2巨人38 21170 .5532.0.237171191172.78
3中日3919200.4872.5.270171351272.83
4ヤクルト3717200.4591.0.234201111132.71
5阪神36 16200 .4440.5.230141121624.09
5広島3616200.4440.0.25515128932.28

データによると、カープは防御率2.28でダントツの1位。「ほら、打たないから勝てないんだよ」というカープファンの声もちらほら聞こえますが、打率だって2割5分5厘で3位。長距離バッターがいないのでホームランが少ないのは致し方がないけど、得点も128点で3位。野球ではあまり意味を持たない得失点差も+35点で1位。首位のDeNAが+7点ってことを思えば、選手は頑張ってるんじゃないの?

ってことは、1点差ゲームを勝ちきれないカープの最大の問題は采配にあるんじゃないかと思い始めた訳です。僕のFacebookやTwitterに流れてくるタイムラインを見ると緒方監督の采配に疑問を呈する人が多いんだけど、なるほど、そういう意見も理解できるわ〜と思う試合内容でした。

と、たまには酒を飲みながら野球談義するオヤジのようなブログを書いてみました。異論反論、大募集♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tsuchimoto.jp/mt5/mt-tb.cgi/98

コメントする

プロフィール
名前:土本康生
累計:
本日:
昨日:

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.17-ja
My visited countries

create your own map