蹴り納め

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年から東京四十雀というシニアサッカーチームに入れていただいて真面目にサッカーをやり始めたのですが、そのチームの蹴り納めが天皇誕生日の昨日ありました。総勢88名が集まっての蹴り納め。なんと最高年齢は84歳!シニアチームなので一番若いのは41歳で、43歳の僕は下から数えて4番目。84歳になってもサッカーを続けてるなんてステキな話です。70歳になったら銀パンツ、80歳になったら金パンツの贈呈式があるようで、その年齢までサッカーが出来ることに憧れます。

そんな幅広い年代のサッカー選手が集まったのですが、年齢順に並べて10チームを構成。40代は2タッチ、50代は3タッチ、60代以上は普通にプレイする特別ルールを採用しているので80代も40代も同じチームで一緒にプレイできます。ちなみに、本職がゴールキーパーな人はゴールキーパーをやっては駄目というルールもあり、フィールドプレイヤーでフリータッチ。僕はゴールキーパーなので、右サイドバックをやることになりました。

そんな蹴り納めは、リーグを二つに分けて1試合20分を4試合。結果は1分3敗...。チームで一番若い僕は期待されてたのですが、50代の先輩にも走り負けるという状態で正直足を引っ張ってました。

しかし、サイドの選手は大変ですね。攻めにあがったり守備で戻ったり...。ぐったりでした。守備で言えば中学時代の監督がよく言ってた「ダボハゼ」状態でコースを切りに飛び込んではかわされ...を繰り返し良いところは全くなし。攻めに関してはミドルシュートでキーパーがはじいたところを狙うという教科書通りのプレイで1点取れたのが良かったぐらいか。あと、コーナーキックからヘッドで落としたボールが目の前に来たのでボレーシュートするものの派手なクリアに...。まさに気分はQBK(急にボールが来たので)でした。あれが決まっていればチーム最多得点だったんだけどな、残念。来年の蹴り納めは走り負けることのないよう2015年はトレーニングが必要ですね。

しかし、これが蹴り納めってのは不完全燃焼なので、今週末、どっかでボール蹴れないかな〜。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tsuchimoto.jp/mt5/mt-tb.cgi/91

コメントする

プロフィール
名前:土本康生
累計:
本日:
昨日:

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.17-ja
My visited countries

create your own map